研究テーマ

東田研究室では太陽エネルギーを電気または化学エネルギーとして有効利用する方法をテーマとしています。

 

☆光触媒

東田研究室では有機化学合成の酸化反応のうち、これまで用いられてきた重金属酸化物を用いた酸化剤に代わる新しい合成法として、光触媒を用いた有機合成について検討しています。

TiO2を用いたグリーンケミストリーを目指した合成としてこれまで報告してきました。

 

 

 

 

 

 

この方法では、光と水と空気だけで合成反応が進行します。

Chemistry Letters, 2020, 49(11) ,1298 – 1301

Bull. Chem. Soc. Jpn,, 2019, 92(1), 55-60

Chemistry Letters, 2016, 45(7), pp. 801-803

Applied Catalysis B: Environmental, 2011, 107(1-2), pp. 119-127

Chemical Communications, 2006, (26), pp. 2804-2806

 

☆太陽電池

順次更新予定